ごあいさつ

教授・部長 三原 直樹

「医療情報学は、情報通信技術を用い、医学・医療の発展に資する方法を考え、実践する学問領域である」というのは、私が指導を受けた尊敬する師の言葉です。

師曰く、「医療の本質は、患者さんの情報を収集し、診断し、治療することであり、見方を変えれば、そのほとんどが情報処理活動であると言える。これまでは、紙に診療内容を記録し、紙に記録された教科書や論文から情報を収集し、人間の頭脳で処理して判断してきた。この基本的な方法を、今日の情報通信技術の進歩のおかげで、大きく進化させることができる。」と仰っています。

我々の研究室は、広島大学病院の医療情報部として、病院情報システム(広義の電子カルテ)の運用・管理も担っており、病院情報システムグループのスタッフの皆さんと力を合わせ、安定的な医療が提供できるよう日々努力しています。

前任の石川教授の時代から、患者さんの早期の快癒と有意義な人生を支えるチーム医療の質の向上、医療者と患者家族を含む意識・知識ギャップの橋渡し、それらの役割を果たすべき次世代の医療情報管理者の育成、正しく医療情報を管理活用できる医療者の育成を目標として活動してきました。

現在、400床以上の病院では電子カルテシステムの導入率が90%を超えており、診療データの電子化はほぼ目処が立っています。しかしながら、電子化されたデータを利活用するには、システム上の課題がまだまだ多いのが現状です。現在まで病院情報システムの発展において、紙の依頼票を電子化したオーダエントリシステム、レセプト作成を中心に電子化した医事会計システムの発展、紙の記録を電子化する診療記録システムが進歩してきました。

しかしながら、病院内に存在するデータを一元的に管理して、診療だけでなく医療安全・病院経営・地域医療連携・研究活動等に利活用するには、まだまだ開発すべき要素が数多く残っています。我々の教室では、目的意識を持ってシステム全体の最適化・データの標準化・リアルワールドデータの利活用・国策への対応等に、これまでの経験を活かして精力的に取り組んでいきます。

教授紹介

氏名 三原 直樹(みはら なおき)
研究分野 医療情報学・放射線診断学
学歴 平成1年4月(1988/4/1)
国立大学法人愛媛大学 医学部医学科入学平成6年3月(1994/3/31)
同 卒業平成8年6月(1996/ 6/1)
国立大学法人大阪大学医学部放射線医学教室研究生平成9年4月(1997/ 4/1)
国立大学法人大阪大学 大学院医学系研究科博士課程(内科学)入学平成13年3月(2001/3/31)
同 卒業
略歴 平成6年4月(1994/ 4/1)
国立大学法人大阪大学医学部放射線医学教室入局平成6年6月(1994/ 6/1)
大阪府立成人病センター(現地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪国際がんセンター)放射線診断科 研修医平成13年4月(2001/ 4/1)
NTT西日本大阪病院放射線科 常勤医平成14年6月(2002/ 6/1)
地方独立行政法人 りんくう総合医療センター放射線科 常勤医平成15年4月(2003/ 4/1)
地方独立行政法人 堺市立病院機構 堺市立総合医療センター放射線科 医長平成16年4月(2004/ 4/1)
国立大学法人大阪大学医学部附属病院放射線科 医員平成17年4月(2005/ 4/1)
国立大学法人大阪大学 大学院医学系研究科 放射線統合医学講座 助手平成18年10月(2006/10/1)
国立大学法人大阪大学医学部 講師(兼任)平成19年4月(2007 /4/1)
㈱大阪先端画像センター 常勤読影医師平成23年4月(2011/ 4/1)
国立大学法人大阪大学大学院医学系研究科 情報統合医学講座 医療情報学 特任助教平成23年12月(2011/12/1)
国立大学法人大阪大学 大学院医学系研究科 医学専攻情報統合医学講座 医療情報学 准教授 医学部附属病院 医療情報部 副部長(兼務)平成29年2月(2017/ 2/1)
国立がん研究センター中央病院 医療情報部部長・放射線診断科医長(併任)・東病院医療情報部(併任)平成29年10月(2017/10/1)
国立がん研究センター 執行役員・情報統括センター センター長・中央病院 医療情報部部長(併任)令和2年4月(2020/4/1
国立大学法人広島大学病院 システム医療学 教授・医療情報部 部長
所属学会 日本医療情報学会
日本医学放射線学会
日本放射線科専門医会
日本核医学会
日本診療情報管理学会
日本医療・病院管理学会
日本肺癌学会
北米放射線学会(RSNA)
日本病院会(IT推進委員会委員)

 三原直樹の業績紹介ページ